軽自動車 任意保険

まずは先入観をリセットしてみましょう。

   ・軽自動車だから任意保険は安いはずだ
   ・軽は保険料が割安だからどこでもたいした違いがない

     この思い込みが保険料の払い過ぎの原因になっているかも知れません。

     自分の条件で各社の保険料を比べれば驚くこと請け合いです。
     一括見積もりは既に700万人超が利用している安心の無料サービスです。

こんなに保険料が違う!!ご存知でしたか?

同じ加入条件で比べた軽自動車の任意保険料です。

◇軽自動車の任意保険料比較◇ (5ナンバー 年額)

AA損保  31,620円 (代理店型)  CCダイレクト  18,910円 (通販型)
BB海上  28,930円 (代理店型)  DD損保     16,670円 (通販型)

【条件】5ナンバー軽自動車,10等級,初度登録H20年1月,ゴールド免許,東京,30歳未満不担保,夫婦限定,
日常・レジャー,走行3000km未満,対人:無制限,対物:無制限,人身傷害:3千万円,搭乗者傷害:なし,車両:なし
(※軽自動車は保険料率区分が5ナンバーと4ナンバーだけでモデルの違いによる保険料の違いはありません。)

最高と最安とでは約1万5千円、ほぼ2倍の差が出ています。 軽自動車の保険は、各社を比べないと知らないうちに払いすぎになることがはっきり分かります。

一括見積もりは、利用後の電話勧誘等の心配もなく安心と実績の無料サービスです。


「通販型」保険料が安いけどいざという時大丈夫?

ズバリ結論から。

  • 通販型も代理店型も金融庁が厳格に認可・監督する同格の保険事業。
  • 支店・代理店などの中間コストがスッパリ省略されているのが通販型。
  • 本社担当が事故対応を行う点も全く同じ。代理店が事故対応をすれば法令違反。
  • 客観調査で、事故対応の満足度は通販型の方が平均的に高いという結果が一般的。
  • 2005年以降の保険金未払い案件数はむしろ安い通販型の方がはるかに少ない。
  • 無料サービス、初期対応(※)は通販型の方が圧倒的に充実。
  • (※初期対応…事故直後の聞き取り・アドバイス、警察・相手方への連絡、病院・修理工場の手配)

新タイプの通販型は、従来タイプ側から「いざという時心配」などと攻撃を受け勝ちのようです。
でもこのように整理すると「通販は不安」という話はほとんど根拠のない噂や中傷だと分かります。

そもそも国が厳重監督する自動車保険事業にダンピングやサービスの手抜きなどあり得ないのです。
もしあれば、かつて代理店型各社が未払問題で営業停止処分を受けたように、国が放っておきません。


一括見積もりはどれも無料で利用できます

人気上位の一括見積もりをご紹介。
各サービスとも提携保険会社が厳選されており、最大10社以上であれば十分網がかけられるでしょう。


※クルマのはなし一行メモ

軽自動車でも全く同じですが、ローン残の車を売却するには残債を清算しなければなりません。
今では車買取店がローン清算のための一時立替や所有権解除の事務手続き代行などのサービスをやっていてとても便利になりました。
あとはどれだけ高く売れるかに集中です。

任意保険、比べて選ぶのが常識になる?

軽自動車とはいえ任意保険の負担は馬鹿になりません。

年齢条件や高い等級により年間1万円台の場合もあれば、
車両保険付で5万円超や補償の充実で10万円超という例などもあります。

注意要注意は同じ条件でも保険会社によって大きい差が出ることです。


「どこでもたいした違いが無いはずだ」
「切り替えてもテレビのように安くなるはずが無い」

そんな古いイメージが払いすぎの原因になっているかもしれません。


自由化後の10数年で自動車保険の相場は全く変わってしまいました。
同条件で数万円もの差が出るのは珍しいことではありません。


一括見積りの利用者がどんどん増えているのはこのような背景があり当然のことなのかもしれません。

ほとんどの自動車ディーラーが代理店になっていることから、まだまだ「他人任せ」の自動車保険が多いようですが、通販型の良さが知られるにつれて各社を比較して選ぶ人が増えていくことでしょう。


軽自動車の査定